防風通聖散コラム

防風通聖散にはどんな成分が含まれているのか?

防風通聖散

防風通聖散には18種類の生薬が含まれています。それぞれの

生薬に働きがあり、それらが組み合わさることによって、
『防風通聖散』として肥満症や便秘の解消、むくみ、のぼせ、
ふきでものなどの改善に効果が発揮されます。

 

 

防風通聖散の原生薬解説

 

防風(ボウフウ)

セリ科のボウフウの根や根茎を乾燥させたもの。
解熱や鎮痛、発汗の作用があり、かぜや頭痛、関節痛、皮膚炎、
神経痛、関節痛に効果があります。

 

古典書では関節の痛みやこわばり、偏頭痛、結膜炎、四肢の
引きつり、背筋のこわばりに効果があるとされています。

 

 

黄ごん(オウゴン)

シソ科のコガネバナの根を乾燥させたもの。コガネバナの花は
青紫色ですが根は名前の通り黄色をしています。

 

消炎、鎮痛、清熱作用を持ち、熱性疾患、下痢や腹痛、胃腸炎、
黄疸などに効果があります。

 

 

芒硝(ボウショウ)

天然鉱物である芒硝を再結晶化して精製したもの。含まれて
いる成分は含水硫酸ナトリウムや含水硫酸マグネシウム。

 

清熱や便通促進効果があり、腹部の膨満感や固くなった便、
宿便の解消、胃もたれなどの改善に有効です。

 

 

麻黄(マオウ)

マオウ科のマオウなどの地上茎を乾燥させたもの。マオウには
エフェドリンという成分が含まれており、スポーツ大会などでの
ドーピング検査において規制物質として指定されているので
服用は注意が必要です。

 

発汗や鎮咳、利尿作用があり、解熱や咳止めなどに使用されます。
古典書では喘息様の呼吸困難や浮腫の改善。関節痛や体の痛み、
悪寒などを治すものとされています。

 

 

大黄(ダイオウ)

タデ科のダイオウの根茎を乾燥したもの。薬用として使用される
4種類やそれらの雑種を使用します。

 

大腸に作用し下剤としての役割を果たします。蠕動運動の促進や
便秘解消などに役立ちます。他にも熱性疾患や打撲、月経異常
にも効果があるとされています。

 

 

白朮(ビャクジュツ)

オケやオオバナオケラの根茎を乾燥させたもの。
水分の代謝を助けて体内の余分な水分を排泄する効果があり、
むくみや消化器系の機能障害に有効です。

 

 

荊芥(ケイガイ)

シソ科のケイガイの花穂を乾燥させたもの。
解熱、鎮痛、止血、消腫作用があり、かぜや咽頭痛、発熱に
効果を発揮します。

 

 

桔梗(キキョウ)

キキョウ科のキキョウの根を乾燥させたもの。
去痰、止咳、排膿の効果があり、痰や喉の痛みの薬として
使用されることが多いものです。

 

 

山梔子(サンシシ)

アカネ科のクチナシの果実を乾燥させたもの。
消炎、鎮痛、止血、清熱などの作用があります。のぼせや不眠
のほかにもイライラなどの精神不安にも有効です。

 

 

芍薬(シャクヤク)

ボタン科のシャクヤクの根を乾燥させたもの。
シャクヤクの花は観賞花ですが、根を薬用として用いられる
場合は栄養を集中させるため花を咲かせないように栽培します。

 

補血や止痛、抗炎症作用や、血虚や腹痛、筋肉の痛みを抑える
作用があります。

 

 

当帰(トウキ)

セリ科のトウキ、ホッカイトウキの根を乾燥させたもの。
補血、活血作用があるため血行障害の改善に有効です。強壮薬や
鎮痛薬、婦人薬にも効果があります。

 

 

連翹(レンギョウ)

モクセイ科のレンギョウやシナレンギョウの果実を乾燥させたもの。
清熱、消炎、解毒、鎮痛、利尿、排膿作用を持っています。
熱性疾患や化膿などの皮膚病にも有効です。

 

 

川きゅう(センキュウ)

セリ科のセンキュウの根茎を乾燥させたもの。
血のめぐりを促す働きがあり貧血や冷え性、月経痛、筋肉痛など
に効果を発揮します。

 

 

生姜(ショウキョウ)

ショウガ科のショウガの根茎を乾燥させたもの。
発汗や鎮吐、健胃の効能がありかぜや吐き気、食欲不振などの
改善に効果が高いとされています。

 

 

甘草(カンゾウ)

マメ科のウラルカンゾウやスペインカンゾウの根を乾燥させたもの。
鎮痛、健胃、去痰の効能があり、下痢や腹痛、動機などに効果を
発揮します。抗炎症や抗アレルギー作用も持ちます。

 

 

薄荷(ハッカ)

シソ科のハッカの地上部を乾燥させたもの。
消化不良や頭痛、めまい、咽頭痛などに効果があり、口中を
爽快にしたり気分のリフレッシュにも用いられます。

 

 

滑石(カッセキ)

含水ケイ酸アルミニウム、二酸化ケイ素などからなる鉱物。
利尿、清熱の効能があり口渇や浮腫、排尿障害に有効です。
また、皮膚の潰瘍にも効果があるとされています。

 

 

石膏(セッコウ)

天然の含水硫酸カルシウムを主成分とする鉱物。
清熱、沈静、止渇の効能があり、高熱や炎症のあるむくみや
かゆみ、激しい口渇の改善にも効果があります。

 

関連ページ

防風通聖散とは何か?どんな時に飲めばいいの?
防風通聖散のコラムについてご紹介しています。防風通聖散ってどんな効果があるの?と気になっている方はぜひチェックしてみてください。
防風通聖散にはどんな効果が期待できるのか?
防風通聖散のコラムについてご紹介しています。気になる効果や使い方など情報満載です。
防風通聖散には副作用や服用時に注意すべき点はあるのか?
防風通聖散のコラムについてご紹介しています。気になる副作用や使い方など情報満載です。