防風通聖散

防風通聖散とは何か?どんな時に飲めばいいの?

防風通聖散

ダイエットがなかなかうまくいかない、便秘が長く続いている

という人からの評価が高い『防風通聖散』。

 

テレビのCMなどでも紹介されているので、名前だけは
聞いたことがあるけれど一体何なのかわからないという人も
いるのではないでしょうか?

 

ここでは『防風通聖散』とは何なのか、どんな特性があるもの
なのか、基本的な特徴を紹介していきたいと思います。

 

 

防風通聖散とはそもそも何なのか?

 

防風通聖散とは肥満症や便秘の解消に効果があるとされる漢方
のこと。特にお腹まわりの皮下脂肪を減少させる効果があり、
その他にも肥満や高血圧に伴う動悸やのぼせ、肩こり、むくみ、
尿量減少に改善にも効果が期待されています。

 

中国の古典書である「宣明論」に記されている漢方の処方で
主薬である『防風』と聖人を意味する『通聖』にちなんで
名前がつけられています。

 

便秘解消、肥満改善に効果効能が認められていますが、ただ
飲めば痩せるというものではなく、体の代謝を活性化し、
不要な脂肪、老廃物の排出を促すものなので、食生活の見直しや
適切な運動との併用で、より高い効果が発揮されるとされます。

 

生薬と呼ばれる天然由来の有効成分が18種類配合されており、
これらの組み合わせにより肥満症やそれに伴う諸症状が改善
されると考えられています。

 

配合されている生薬はボウフウ、オウゴン、ボウショウ、マオウ、
セッコウ、ダイオウ、レンギョウ、ケイガイ、カッセキ、トウキ、
サンシシ、ビャクジュツ、カンゾウ、ショウキュウ、ハッカ、
センキュウ、ショウキョウ、キキョウとなっています。

 

 

どんな人に向いているのか?

 

漢方を始めとする東洋医学で考えるところの「実証」タイプの
人に向いている薬だと言われています。

 

実証タイプの特徴は、体力が充実しており壮健であること、
肌の血色がよく赤みを帯びており、脂肪が多く、便秘気味で
水分を溜めやすい、呼吸が荒い、精神的には積極的で活発
などが挙げられます。

 

反対に、虚弱体質で体力がなく、肌が青白く下痢をしやすい
といった「虚証」タイプの人には向いていないとされています。

 

 

効果的な飲み方について

 

漢方は基本的に空腹時に飲むと高い効果が期待出来るもので
防風通聖散に関しても例外ではありません。

 

ただし、漢方でも胃に刺激を与えるものが入っていたり、
もともと胃腸が弱い方で服用時に吐き気を感じたりする場合は
食後の服用でも構いません。

 

防風通聖散のエキスを加工したほとんどの商品は、食前や
食間(前の食事の2〜3時間後)に飲むことがすすめられており、
1日2〜3回飲むのが基本です。

 

漢方は専門の薬局や病院で処方される場合はエキスで出される
こともありますが、市販されている防風通聖散の場合、ほとんど
粉末や錠剤になっているのでそのまま水や白湯で飲みましょう。

 

便秘解消を目的に飲む場合は約1週間程度、その他の効果に
ついては約1か月程度で効果が実感されることが一般的で、
効果が出ているにも関わらず、長期間飲み続けると反対に
下痢をしてしまったりする可能性があります。

 

 

 

 

関連ページ

防風通聖散にはどんな効果が期待できるのか?
防風通聖散のコラムについてご紹介しています。気になる効果や使い方など情報満載です。
防風通聖散にはどんな成分が含まれているのか?
防風通聖散のコラムについてご紹介しています。気になる成分や効果など情報満載です。
防風通聖散には副作用や服用時に注意すべき点はあるのか?
防風通聖散のコラムについてご紹介しています。気になる副作用や使い方など情報満載です。